高大連携プログラム

Lecture On-Demand

 Lecture On-Demandは、感性デザイン学部が新しく提案する高大連携プログラムです。実際に感性デザイン学部で開講されている学生の評価が高い授業を、高校生のみなさんが体感しやすいよう内容をアレンジして、実際にその科目を担当している教員が行います。誰もが大学の学習内容のエッセンスを楽しく理解できる企画となっています。 Lecture On-Demandには、Delivery Lecture≠ニKansei Firsthand≠フ2つの授業スタイルがあります。このうち、Delivery Lectureには講義科目を用意しました。大学の教員が高校にお邪魔して教室で授業を行います。もうひとつのKansei Firsthandでは、実習系の科目を提供します。こちらは、感性デザイン学科の設備を利用しますので、地域の大学を身近に感じられるきっかけとしてもご利用になれるものと考えています。 地域の教育機関相互の連帯と高大連携の重要性に鑑み、本プログラムにかかる経費は、すべて八戸工業大学と感性デザイン学部が負担いたします。高校生のみなさんの多彩な興味や関心を大きく育てるために、感性デザイン学部のLecture On-Demandをぜひご活用ください。

                                                   感性デザイン学部長 坂本禎智

Courses Overview

Delivery Lecture Menu

〈ビジュアルデザイン論〉(50分)

 私たちは、快適で文化的な社会生活を送るために毎日多くの情報を取り入れています。そのほとんどがビジュアルデザイン(視覚伝達)によるもので、デザイナーは、さまざまな広告やCMなどを通して、みなさんの記憶にメッセージを残すべく感性を働かせています。このレクチャーでは、「こんな広告あったの?」、「うける!」など、ユニークな広告や楽しいデザインの数々を紹介し、いろいろなデザイナーの感性を探ります。

〈ユニバーサルデザイン論〉(50分)

 世の中にはさまざまなカッコいいデザインが存在しますが、これからの社会には、子ども、お年寄り、障がい者、外国人など、すべての人が利用可能なユニバーサルデザインの考え方が大切です。ユニバーサルデザインは、家電製品や雑貨から、住まいや公共建築物、まちづくりにいたるまで、多様な分野に適用されます。このレクチャーでは、各種製品のユニバーサルデザインはもとより、駅やショッピングセンターのインテリア、さらに色彩におけるカラーユニバーサルデザインについても紹介します。

〈音と光デザイン〉(50分)

 音や光は私たちの生活を豊かにしてくれるすばらしいものです。特に音は目に見えないため表現しにくいものですが、このレクチャーでは、バイオリンなどの楽器の音を視覚的に表現し、その音色の秘密を探ります。また、癒し効果のある空間として最近話題になっているスヌーズレンを取り上げ、その実践例として五感で楽しむ照明などのアイテムを紹介します。

〈情報メディア論〉(100分)

 携帯の電波が届かないところにいると、不安になったり逆に何かほっとしたりするものですね。このレクチャーでは、情報メディアの定義やコミュニケーションモデルを下敷きにして、特に電話が私たちの思考や文化にどのような影響を与えているかについてお話します。他にもサザエさんの家の電話はどうして玄関先にあるのか、日本の携帯はどこが特別なのかなど、電話の不思議な性格について一緒に考えてみましょう。

Kansei Firsthand Menu

〈ビジュアルデザイン演習〉(90分)

 今やどのご家庭にもパソコンが普及し、年賀状や名刺、簡単なチラシのデザイン、HP制作など、自由につくることができます。一億総デザイナーといわれる所以です。この実習では、MacintoshのiMacで描画&デザインソフトIllustrator CS4の簡単な操作法を学び、自分だけのロゴをデザインします。そして、そのロゴやその場で撮った写真を用いて、オリジナルの名刺を制作します。一緒にかっこいい名刺をデザインしましょう。

〈表現技法〉(90分)

 TVや広告をはじめ、いろいろな媒体に使用される写真やイラストなどの表現や技法は実に多様です。この実習では、これらの表現について幅広く考察します。また、MacintoshのiMac内蔵の写真撮影&加工ソフトPhoto Boothを用いて、撮影した自分の写真を、ミラーや渦巻き、X線などのユニークなエフェクトで加工する体験もします。もちろん、お気に入りの写真は印刷して持ち帰りOKです。ぜひ挑戦してみましょう!

〈感性CAD&CG〉(90〜120分)

 コンピュータで道具や部屋、キャラクターなどを作ることができるソフト、それがCADです。リアルな質感、光や影、複雑な形状など、形を作ること全般を行うことができます。この実習では、このCADを使って、インテリアや小物などのデザインにチャレンジします。イラストとは違ったリアルな表現を体験していただきます。

〈日本の文化〉(90〜120分/月曜あるいは木曜開講)

 日本の代表的な伝統文化「茶道」は、日本の総合芸術とも称されます。道具の美しさ、庭や茶室のしつらえの美しさ、所作の美しさ、おもてなしの心の美しさ、人と人との接し方の美しさ―。茶道が与えてくれる和の美は、感性デザインでの学びに刺激を与えてくれるはずです。茶道体験を通して、日本の伝統文化の素晴らしさを体感してみませんか。