カリキュラム

教育目標

感性デザイン学部の教育目標

 感性デザイン学部では、 下に掲げる教育理念と教育目標のもと、新時代にふさわしい教育研究活動を行ってまいります。

教育理念

 良き技術は、良き人格から生まれる

教育目標

 @豊かな人間性と総合的な判断力を備えた、デザインの素養を基礎とした人材を育成する。
 Aデザインの基礎原理を踏まえ、高度な応用展開能力をもったデザイナーを育成する。
 B公共的問題や地域社会への関心をもつとともに、国際的な視野をもったデザインを活かしたファシリテーターを育成する。

感性デザイン学科の学習・教育目標

■学習・教育目的
 近年、国家、地域の垣根を越え、政治、経済、文化など様々な側面においてグローバル化が加速しています。更に少子高齢化社会、高度情報化社会を迎えている今日、住み良い社会システムの構築、革新的なモノやサービスの提供、地域再生・地域活性化などの地域経済に貢献する仕組みの構築が求められています。 デザインとは、造形活動を通じた文化と文明の創造であり、人間と人間の関わりあい、人間と「もの」の共存、人間と自然の交流など、大きな問題について提案していく行為です。言い換えれば、精神・物質の両面で人間生活の秩序や向上を図っていく行為です。従って、デザインは、政治・経済から人間の心理にいたるまでの様々な社会現象を左右し、様々な課題の解決や状況の改善を図る大きな役割を担っています。社会においては、このような役割を果たすことの出来るデザイン能力を持った人材が求められています。 また、近年、デザイン分野においては、ヴィジュアル、プロダクツ、住環境などのデザイン対象の完成をゴールとするだけでなく、ユーザーの意見を取り入れ、様々なコミュニケーションを通じて、適切で使いやすい商品サービス、システムの提供を目指すなどの、プロセスを重視した、ユーザー中心デザイン、供創デザインが主要になってきており、それを展開できるスキルを持った人材も求められています。 こうした社会の要請に応えるために感性デザイン学科では、以下のように学習・教育の目的を掲げ、プロセスを重視したデザイン教育を実施します。

■学習・教育目標
 感性デザイン学科では、学習・教育目的を達成するために、以下を具体的な学習・教育の目標としています。

平成28年度課程表(平成28年度入学生用)

区分 分野 授業科目 単位数 年次および週時間数 摘要
必修 選択 1年 2年 3年 4年
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
導入
転換
科目
感性
デザイン
入門

キャリア
デザイン
オープニングセミナー 2   2               左記の科目
から
必修を含み
30単位以上を
修得すること
キャリアデザインⅠ   1 1 1            
キャリアデザインⅡ   1     1 1        
キャリアデザインIII   2         2 2    
総合
教養
科目
人間科学 哲学   2       2        
文学   2     2          
心理学   2     2          
職業倫理   2             2  
歴史   2 2              
経済学   2   2            
知的財産論   2             2  
日本国憲法   2           2    
自然科学概論   2 2              
数学   2 2              
国際
コミュニ
ケーション
日本語表現法   2   2            
実践日本語表現   2         2      
現代英語Ⅰ 1   2              
現代英語Ⅱ 1     2            
英語コミュニケーションⅠ   1     2          
英語コミュニケーションⅡ   1       2        
英語特別演習   1         2      
ドイツ語基礎Ⅰ   1 2              
ドイツ語基礎Ⅱ   1   2            
ドイツ語コミュニケーションⅠ   1     2          
ドイツ語コミュニケーションⅡ   1       2        
ドイツ語特別演習   1         2      
中国語基礎Ⅰ   1 2              
中国語基礎Ⅱ   1   2            
中国語コミュニケーションⅠ   1     2          
中国語コミュニケーションⅡ   1       2        
中国語特別演習   1         2      
体育科学 体育学   1 2              
スポーツ健康学   1     2          
総合学際 主題別ゼミナールⅠ   2   2            
主題別ゼミナールⅡ   2     2          
主題別講義   2   2            
海外研修   1 2              
リメディアル科目 リメディアル 英語基礎Ⅰ   1 2              
英語基礎Ⅱ   1   2            
                           
区分 分野 授業科目 単位数 年次および週時間数 摘要
必修 選択 1年 2年 3年 4年
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
専門科目 感性
デザイン
基礎
感性デザイン総論 2   2               左記の科目
から
必修を含み
30単位以上を
修得すること
コンピュータ基礎演習 2   2              
プレゼンテーション 2     2            
デッサン 2   4              
色彩学 2     2            
デザイン史   2   2            
ユニバーサルデザイン論 2       2          
デザインマーケティング論   2           2    
社会福祉論 2   2              
ボランティア論   2   2            
生涯スポーツ演習   2       2        
感性行動科学   2       2        
感性心理学   2           2    
日本の文化   2     2          
地域文化論   2         2      
比較文化論   2           2    
情報メディア論   2         2      
感性CAD&CG演習Ⅰ 2       4          
感性CAD&CG演習Ⅱ   2       4        
ビジュアル
デザイン
絵画Ⅰ   2 4               左記の科目
から
必修を含み
30単位以上を
修得すること
絵画Ⅱ   2   4            
表現技法   2 2              
図学   2   2            
タイポグラフィー論   2 2              
ビジュアルデザイン論   2   2            
Webデザイン   2       4        
広告論   2         2      
映像メディア論   2         2      
イラストレーションⅠ   2         4      
イラストレーションⅡ   2           4    
工芸学   2 2              
工芸実習   2   4            
彫刻   2     4          
美術史   2         2      
芸術批評   2           2    
ビジュアルデザイン演習Ⅰ   2     4          
ビジュアルデザイン演習Ⅱ   2       4        
ビジュアルデザイン演習Ⅲ   2         4      
ビジュアルデザイン演習Ⅳ   2           4    
住環境デザイン 老人福祉論   2   2            
介護論   2     2          
地域福祉論   2       2        
ボランティア実習   2     2 2        
福祉人間工学   2     2          
福祉機器デザイン   2       2        
ワークデザイン   2           2    
スポーツ健康論   2         2      
レクリエーション余暇論   2           2    
福祉心理学   2         2      
リハビリテーション論   2           2    
住まいのデザイン   2 2              
福祉住環境デザイン   2   2            
インテリアデザイン   2     2          
エクステリアデザイン   2       2        
音と光デザイン   2         2      
景観デザイン   2           2    
住環境デザイン演習Ⅰ   2       4        
住環境デザイン演習Ⅱ   2         4      
住環境デザイン演習Ⅲ   2           4    
感性
デザイン
応用
学外研修   1         2      
インターンシップ   2           2    
感性デザイン特別講義   1           1    
感性デザイン応用演習 2             2    
卒業制作・論文 6               9 9
感性デザイン学科総計 28 158 43 41 39 37 40 37 13 9  

ビジュアルデザインコース専門科目履修モデル

ビジュアルデザインコース専門科目履修モデル

感性デザイン基礎&総合教養科目ピックアップ

感性CAD&CG演習
CADとはComputer Aided Designのこと。思い描いたアイディアを表現するために、コンピューターを利用します。豊かなアイディアに形を与える方法はたくさんありますが、CADやCGはもっとも効果的な技術の一つと言えるでしょう。感性CAD&CG演習では、基本的なソフトウェアの使い方から、高度な3D-CGまで応用性の高い表現力を育成します。
ユニバーサルデザイン論
高齢者や障がいを持つ人にとって安全で使いやすいのが、バリアフリーのデザイン。ユニバーサルデザインは、この考え方をさらに拡張して、どんな人にとっても使いやすいデザインを指します。例えば、外国から来た人やまだ漢字が苦手な小学生にとって使いにくい機器や設備、表示はたくさんありますね。これをわかりやすい形や表記方法に改めることなどが、ユニバーサルデザインの一つです。感性デザイン学科では、デザインに携わるプロとして必須の学習内容と位置づけています。
デッサン
デッサンは、デザインの基礎スキルの中心です。おもに単色の線描によって対象の特徴を表す技術を習得します。形や構造はもちろん、視覚的にとらえられる明暗、質感を的確に描くには、さまざまな図法、表現技法の知識を十全に活用する必要があります。加えて、対象への視点も重要な要素です。対象がもつ特徴を余すことなく伝えるためには、どのような視点でそれを見つめるかが鍵となります。授業では、他のコース専門科目で求められる表現技法の基盤の習得を目指し、実技を通じてそれら技術の向上を図ります。
英語コミュニケーション
いまビジネスの現場で最も期待されているのは英語の力。国際化時代の社会人となるには、大学生のうちに確実なスキルアップが必要です。習熟度別クラスで一人ひとりの学習履歴に合わせ、しっかり指導するのが感性デザイン学部の英語教育。苦手な人は基礎から、得意な人は高度な学習課題まで幅広く学びます。英語全体の目標はTOEICスコアの向上。2〜3学年では、TOEIC対策のテキストで授業が行われるので、自然なスコアアップが可能になっています。
ビジネス・コミュニケーション
(実践日本語表現)
デザインは極めて実践的な仕事です。様々な業種で活躍するためには、デザインスキルだけでなく、ビジネスシーンで十分に対応できるコミュニケーション能力が求められます。感性デザイン学科では、多彩なコミュニケーション力育成プログラムが用意されていますが、その中核となるのが、ビジネス・コミュニケーションです。履歴書指導から始まり、ビジネス文書作成、接客などのマナーまで豊富な学習内容を用意。ハイクラスの社会人に期待されるコミュニケーション力をしっかり身につけることができます。