資格取得

教職課程

取得できる教員免許は以下の通りです。

教職課程の詳細はこちらをご覧下さい。

種類 取得できる資格 条件
中学校教諭一種
美術
所定の単位修得・卒業
高等学校教諭一種
美術
所定の単位修得・卒業
高等学校教諭一種
工芸
所定の単位修得・卒業

[教員免許について]
教職に関する科目と教科に関する科目から、それぞれ所定の単位を取得することで、卒業時に教員免許状が交付されます。

次世代の子どもたちに美しいものを創る楽しさや喜びを伝えたい!
そんな人を、感性デザイン学科は応援します。
教える力と確かな知識を兼ね備えた教師を目指し、ステップを着実に上っていきましょう。

 

資格取得ガイド

感性デザイン学部が提案する資格取得メニューの特徴は、すべて授業での支援があること。例えば、英語の授業は、2年次からTOEIC対策のテキストを使って行われます。授業できちんと学ぶから、無理なく希望の資格へアプローチできます。

このほかにも、インテリアをはじめとする住生活商品の購入時に適切なアドバイスをする接客販売のプロ(専門家)を養成するリビングスタイリスト検定や、オフィス文書の管理を扱うファイリングデザイナー検定、オフィスで働くための基本技能・知識を学べる秘書検定など、多様な資格取得に積極的にチャレンジしています。

取得を支援する
主な資格
取得支援を実施する
主な科目
資格の概要
TOEIC 英語コミュニケーション 英語による国際コミュニケーション能力を測る客観テストで、多くの企業が国際資格として極めて重視しています。一定以上のスコアの取得は、就職に有利なだけでなく、昇進の条件となっている場合もあります。学科ではスコアアップを強力に支援します。
商業施設士補 商業施設士試験認定課程 商業施設の運営管理システムや店舗の構成・デザインなどを総合的に計画し、監理までを総合的に行なう専門家が、商業施設士です。本学科の商業施設士試験認定課程を修了し、かつ所定の資格講習会を受講すると、「商業施設士補」の資格が得られます。商業施設士補は、「学科試験」が免除される他に、一般の方が「構想表現(実技)試験」受験の際に必要な「実務経験」も免除されるという特典があります。
福祉住環境
コーディネーター
福祉住環境デザイン/
住環境デザイン演習
高齢者や障がい者にとって住みやすい住環境を提案するアドバイザー。医療・福祉・建築について幅広い知識を身につけ、介護保険制度のもと、ケアマネジャーと連携して住宅改修や福祉用具・介護用品等についてのアドバイスを行います。
インテリア
コーディネーター
インテリアデザイン/
住環境デザイン演習
インテリアに関する幅広い商品知識を活かして、インテリア計画や商品選択のアドバイスなどを行ないます。インテリア・ショップやインテリアのデザインに関わる仕事はもちろん、設計事務所など住宅関連の幅広い職場で活躍できます。
色彩検定 色彩学/ビジュアルデザイン
演習/住環境デザイン演習/インテリアデザイン
色彩検定とは、グラフィックデザイン、プロダクツデザイン、インテリア、スタイリスト、メイクアップなどに必要な色に関する知識や技能を、評価する尺度として、社会的な認知を得ている資格です。
カラー
コーディネーター
色彩学/ビジュアルデザイン
演習/住環境デザイン演習/インテリアデザイン
カラーコーディネーターとは、服装やインテリアなどに関して色彩や配色をアドバイスする専門家のこと。色の特性や機能を理解し、色彩による演出ができるので、イベント企画、パッケージデザインなど幅広い職種で資格が活かせます。
CAD利用技術者 感性CAD&CG演習 CADとはComputer Aided Designのことで、コンピュータをフルに活用したデザインツールです。インテリアやエクステリアはもちろん住環境のあらゆるデザインに利用できるので、取得者はエキスパートとして高く評価されています。
Photoshop
クリエイター
コンピュータ基礎演習/
ビジュアルデザイン
演習
ビジュアルデザインの様々なシーンで利用されるPhotoshop。それを使いこなせる技術者がPhotoshopクリエイターです。デザイン事務所や出版、広告などの職場で、画像編集、デジタルコンテンツ作成の専門家として活躍が期待されます。
Illustrator
クリエイター
コンピュータ基礎演習/
ビジュアルデザイン
演習
Photoshopとともに、デザイナーが必ず利用するソフトがIllustratorです。試験では、ドキュメントをデザインする際に必要なスキルが出題されます。Photoshop検定同様、デザイン事務所や出版、広告などの職場での活躍が期待されます。学科では両資格の同時取得をお勧めします。
WEBデザイン コンピュータ基礎演習/
ビジュアルデザイン
演習
今や企業活動にWEBサイトを欠かすことはできません。Webデザイナーは現代ビジネスに欠かせない人材といえるでしょう。資格取得者は、デジタルメディアのプロとして、デザイン事務所はもちろん一般企業のセールスやプロモーション部門で幅広く活躍できます。

資格取得者メッセージ

Illustrator能力検定試験 エキスパート合格
将来はプロダクツデザイナーへ
3年 藤原さん(秋田大館高校出身)
頭に描いたイメージを具現化するスキルを身につけたかったのでチャレンジしました。学科内のMac Roomがフリーに利用できるので、模擬問題を作成するなど実践力を磨いて試験に臨みました。「これはできないだろう!」と思いこんでいたことが、Illustratorソフトでは自由に表現できるんです。デザインスキルを活かして、学科内のデザイン・プロジェクトに積極的に参加し、将来は製品デザインを手がけてみたいと考えています。
リビングスタイリスト検定 1級合格
大好きなインテリアを深く知るために
3年 川村さん(青森五戸高校出身)
販売や営業の基礎的知識が得られたのが、今後の大きな武器になると思います。もともとインテリアが大好きで、商品からマーケティングまで幅広く学びたいと思っていました。1級を取得できたことが自信につながりました。これからも住生活に関連した内容の勉強を進めていきたいと思います。
福祉住環境コーディネーター 2級合格
福祉のためのデザインに活かしたい
2年 安部さん(八戸向陵高校出身)
大学の授業で、社会福祉や介護、ユニバーサルデザインに関する勉強をしていく中で、福祉住環境に興味を持ちました。この資格を通して、要介護者を取り巻く環境や制度、使用する器具などの利点と問題点を理解することができ、福祉のためのデザインとはどうあるべきか、より深く考えられるようになりました。今後は、難関といわれている1級取得を目指します。
TOEIC
大学の授業を受けたら英語が大好きに
4年 鈴木さん(八戸東高校出身)
大学に入る時は、特にやりたい事やなりたいものもなく、なんとなく感性を磨くようなことができればと選んだのがこの学部でした。大学に入って劇的に変わったのは、高校まで苦手だった英語が大好きになったこと。最初は「簡単すぎる」と思うくらいの初歩から教えてもらって、苦手を克服できました。1年生の時には450点だったTOEICが、2年生で520点、3年生で600点に。日常会話はほぼ大丈夫です。卒業までに700点に到達したいですね。将来は、英語を活かせる雑誌の編集者になりたいと思っています。